日本みつばち観察記録(2018年6月15日)

2018.06.15.Fri.13:13
雨岳文庫(伊勢原市)にて採蜜をしました

6月10日(日)雨岳文庫の梅狩りのイベントに合わせて日本みつばちの
採蜜(2群)を予定しました。
☂️の予報でしたがお蔭様にて午前中は降られることもなく無事採蜜が
できました。
梅狩りに参加された方にも採蜜を見学いただき、採りたての蜂蜜を賞味
していただき、大変好評でした。
時間がなくて空の重箱を継ぎ足さないまま帰ってきましたが、次回(7月下旬?)
まで待ってくれるでしょうか?

4月から福岡に来ています。
単身で福岡なんて最高だと思われるでしょうが、
中洲にも行かず毎日自炊しながら生活をしています。
軍資金が限られているのでしょうがないですね。

スムシの幼虫と遊んでいます。
卵から孵って(4/23)から50日後の様子を見てみました。
幼虫は蜜蝋が好きなようです。
蜜蝋粒に穴を開けて(写真の右下の白い粒)その中で生活をしています。
大きくなってくると蜜蝋粒に繋がるトンネルを人工餌(ふすま)を
糸で絡めて作りその中で生活しているようです。

20180612_170846のコピー

5月末から6月上旬にかけてハワイに行って来ました。
幸いに毎日天気に恵まれ乾燥した暑さと涼しい風に揺られながら
のんびりして来ました。
又、行きたいですね。

20180530_160144(0)のコピー

もう今年の春の分蜂も終了したようです。
横浜市旭区で2群、伊勢原市の雨岳文庫(梅園)で1群、同じ伊勢原市の
蜜柑園で1群の合計4群を捕獲することができました。
ここ数年毎年捕獲できていた厚木市内の栗園や2ヶ所のブルーベリー園は
残念ながら捕獲できませんでした。
新しく作成した(技術の粋?を尽くした)サワラ材の巣箱6個を各地に
設置しましたが全部空振りでした。
アク抜きや臭い消しのための対策をしましたがやはり新しい材はダメなようです。
そのまま屋外に野ざらしにして来年また挑戦します。

【PR】

日本みつばち観察記録(2018年5月22日)

2018.05.21.Mon.12:43
皆様の分蜂群捕獲の状況は如何ですか?

 4月から福岡市内に移転したため神奈川県下に設置した待ち箱のチェ
ックが進みません。
10ヶ所、24箱を設置しましたが5月2日現在、捕獲を確認出来たのは
まだ2群(下の写真)です。
 2つの巣箱とも何年も営巣箱として使用していますので近くに置いた未使用の
巣箱より蜂は好んで選択したようです。

2018角胴_resized

20180504_132550_resized.jpg

 5月26に横浜に戻りますので新しく確認できる群がいるかどうか、楽しみです。
5月15日 家内から電話があり家の裏側で蜂が群舞しているとのこと。
我が家から200m程離れたお宅の庭の桜の木に日本みつばちの自然群の分蜂かも
と考え、我が家では蜂は飼育できないことになっていますので(お隣さんからの強い要求)、
面倒くさいことにならなければと思いました。
 家内からの電話ではお隣さんからも強いクレームがあったとのことですが、私としては
どうしようもありません。
すぐに蜂友のI さんに電話をし回収をお願いしました。
 結果としては西洋ミツバチの分蜂群で、家の裏側に積んでいたラ式巣箱に入った
ようです。ただ積み上げていただけの巣箱であって、まさかと思いました。
 私も被害者でお隣さんからクレームをいただくのは心外ですが、巣箱を積んでいたのが
悪いと言われれば、敢えて反論しても火の油を注ぐようなものです。
 西洋ミツバチを分蜂させるような管理をしている養蜂家には反省してもらいたいと
思います。




【PR】
 | HOME | Next »