FC2ブログ

報告

2019.08.24.Sat.22:30

ご無沙汰しています。
前回(5/2)から4ヶ月近くなります。
現在闘病中です。
病気の山はお蔭様にて超えたのですが、前向きに
ある治療をすることにしました。
9月中旬以降に学校に戻る予定です。
次回はその頃に報告をいたします。
勝手ばかり言って申し訳ありません。
【PR】

日本みつばち観察記録(2019年5月2日)

2019.05.02.Thu.17:02
スムシ防除の研究

日本みつばちの養蜂を始めて11年目になりました。
巣箱は自宅から車で20分以上かかる横浜市旭区に置いています。
養蜂をしていると言っても実際には月に1回養蜂場に行くのがやっと
の状態で2〜3ヶ月放ったらかしの状態が続くことが何回もありました。
現実に昨年からは生活基盤が福岡市内になったためほとんど巣箱を
管理することが出来ていません。
そんな中でどういう訳かスムシの研究に取り組むようになっていました。
何度か巣箱をスムシ王国にしてしまい悲惨な思いをしたらかでしょうか?
そんな時に目の前に敷かれていた複数のレールの一つになんの考えもなく
飛び乗りました。レールに沿って歩いていく内にスムシを研究することになり
福岡まで来てしまった、ということになりますが本来昆虫好きであることが
原因かもしれません。
 この半年間、ほとんど毎日スムシ(ハチノスツヅリガ)と接しています。
毎日見ているとスムシも可愛くなります。前回(3月)に紹介したようにスムシ
の幼虫を私は”すむたん”と呼んでいます。
すむたんは蛾の幼虫のくせに飛ぶことが出来ます。
何回も目撃しているし、どういう状況で飛ぶかもわかって来ました。
あとは写真に撮るだけですが、これから挑戦します。

そんな”すむたん”をある誘引剤で誘引し、皆殺しにするというスムシ防除カード
なるものを試作しています。本当に恐ろしいことを考えていますね。

カード外観(カバー付き)

4月に全国の日本みつばち養蜂家の方に150枚ほど配布しスムシ防除効果の
モニターをお願いしました。
良い結果が出ること祈っています。
実験室のスムシ飼育ケースの上にこのカードを置き忘れてしまいました。
後日、カードを発見しひっくり返したところ飼育ケースの蓋の隙間から
誘引された?幼虫が集まっていて黒くなった死んだ幼虫もいました。
写真では見えませんが1mm内外の初齢幼虫も多く誘引されてました。
開放空間でもあり、想定以上の効果がありそうなので期待しています。

スムシっ子カード効果1

カード裏面の拡大写真です。
初齢幼虫及び変色した死骸も見えます。

カード裏面拡大








【PR】
 | HOME | Next »