FC2ブログ

日本みつばち観察記録(2020年4月9日)

2020.04.08.Wed.19:36

巣箱内の底板に置くだけでスムシを防除する
     スムシっ子カード  今秋販売
 
今年秋に販売開始を目標にしています。

昨年5月から350名以上の(主にニホンミツバチの)養蜂家の方々に
この防除カードのモニターをお願いしています。
現在までに把握している結果は概ね良好ですので、今夏までの状況を確認した上で
今秋販売開始を予定しています。
九州大学天敵昆虫学研究室にてスムシ防除法を開発するにあたり、巣箱の中では
化学的殺虫剤を使用できないので生物的防除法を考えました。
化学的殺虫剤は消毒のイメージにつながりますが、皆殺しが可能です。
生物的防除法の目標は経済的被害許容水準以下に被害を低減させることです。
言い換えると、まあこの程度の被害なら良いだろうとする水準を目指します。
この点が今回開発したスムシっ子カードの宿題になります。
いくつかの課題はあと数ヶ月で改良できると思いますが、もうワンランク防除水準を
上げる(100%防除)ためには、他の防除法との併用とかもう一工夫必要です。
スムシっ子カードは既に巣箱内にスムシが発生している場合を除けば十分に防除効果は
期待できるので新規に分蜂群を取り入れた巣箱は特に有効です。
BT剤の欠点は10mm以上大きくなった幼虫には防除効果が無いので大きい幼虫が
いる巣箱の場合には防除効果は期待できません。しかし、カードを設置した後で発生した
幼虫には効果がありますので被害の拡大抑制は期待できます。

これから数回にわたってスムシっ子カードの紹介をしたいと思います。
開発の経過を説明していきます。
1. 生物的防除法開発と言っても何を使用するかを選択することが最初の仕事です。
  候補として昆虫病原性微生物(BT剤)、寄生蜂(スムシヒメコマユバチ)、昆虫病原性線虫
  (スタイナーネマ属)に絞り、殺虫力、利便性、経済性を比較検討しBT剤を使用して研究を
  進めることにしました。
2. 蜜蝋にスムシ(若齢幼虫)を誘引されることは先行研究及び私の経験から認識していました。
  蜜蝋(誘引)+BT剤(殺虫)を組み合わせればスムシ防除剤ができるような気がしました。
  即ち、ゴキブリホイホイのスムシ版です。

(続きは次回にします)












【PR】

日本みつばち観察記録(2020年4月7日)

2020.04.07.Tue.12:47

3ヶ月振りの投稿です。
お蔭様にて3月23日九州大学大学院(修士課程)を卒業しました。
卒業式は小規模で行われたため我々は研究室で学位記をいただくだけでした。
学生寮から引っ越しをして4月からの生活の準備を始めました。
天敵昆虫学研究室で ”スムシ防除法の確立”を研究テーマとして2年間取り組んで
きましたが、その成果は2019年12月13日に特許登録されました。
昨年5月に脳梗塞で約2ヶ月間入院したりカテーテルアブレーション手術をしたり
色々ありましたがどうにか後遺症もなく(本人がそう思っているだけかもしれない)
何事もないように生活をしています。
昨年6月末に入院中に運転免許更新をしました。更新する前に入院していたリハビリ病院で
運転機能に関連する机上のテストを受けました。その当時は後遺症もなく問題ないと
考えていました。現実に更新時に運転免許所にて簡単な運転シュミレーション試験を
受け、問題もなく免許証をいただいて帰りました。翌日から従来通り運転を再開しました。
8月後半に運転免許所から聴聞の呼び出しがあり、脳梗塞が指定の病気のため6ヶ月間の
免停とされ免許証を取り上げられました。2ヶ月間運転をしていたのは何なのかよく
説明受けなかったが運転が出来なくなりました。
免停期間が終了し免許が戻ってくる今年の2月にリハビリ病院に診断書作成お願いいたしました。
その際に昨年6月に行ったような机上のテストを行いましたが、そん結果は昨年と比較しはるかに
良い成績でした。自分では気付かなかったが少しづつ回復しているようです。
運動不足解消のため週1回卓球をしています。同じようなことを経験しています。
卓球は半世紀前の高校時代に多少経験があります。
ダブルスですが神奈川県高校ランキング2位の記録もあり、長い空白期間が
ありますが現役選手に近い威力のあるボールを打てることもありそれなりに自信があります。
昨年退院後卓球を始めた頃に気がついたことは自分の体の左側正面に飛んでくるボールに
反応できないことと、以前は経験しなかった(ペンホルダー)ラケットの握り部分中央にボール
が当たることがよくありました。最近は少しづつ反応もできるようになり、ラケットの握り部分に
当たるようなこともなくなりました。これも回復に向かっていることになるかもしれない。

カ式巣箱の待ち箱(巣枠5枚入れている)

P4030754のコピー

ヒトリシズカ

P4070768のコピー




【PR】

日本みつばち観察記録(2020年1月9日)

2020.01.09.Thu.19:50
今年も宜しくお願い致します

スムシっ子カードはそれなりの効果は期待できそうです。
”スムシ被害を防除する”とは自信を持って提案できるレベルではありませんが、
”スムシ被害を低減する”と自信を持って言えるレベルです。

 正月は自宅で過ごしましたが7日(火)の早朝の便で福岡に戻りました。
昨年5月〜8月は病気のためほとんど自宅にいましたので、実験が十分できていません。
修論を纏めるに当たり n数が少ないため追加実験を1月中に集中することにしました。
誘引剤の効果をどういう試験で検証するかは難しい問題です。
幼虫(10匹)を標準餌とBT剤含有餌を別々に設置したケースに入れ、24時間後の
居所(忌避がない場所)を調べています。更に参考として1週間後(168時間後)
の死んだ幼虫の数を調べます。忌避がない標準餌に潜り込んでいる幼虫も、最初に
BT剤含有餌を摂食していれば死ぬはずです。同様に誘引剤を含有させたBT剤餌との
比較をすれば誘引剤の効果も推定できると考えました。
途中経過ですが4齢以上の幼虫(体長15±5mm)の場合はBT剤含有餌には5.6%、
誘引剤を含有したBT剤餌は18.3%、集まっています。大きくなるとBT剤を忌避する
力が強くなりますね。実際の巣箱の中ではカードに集まることは期待できません。
幼虫はこのくらい大きくなるとほとんどが巣脾の中にトンネルを作り糸を紡いで
その中に隠れていて巣脾の外には出ることはありません。そのために”10mm以上の幼虫には
効果がありません”と記載せざると得ません。わざわざ巣脾から這い出してカードに
集まるような強力な誘引剤を更に探す必要があります。それでも誘引剤含有の餌の
168時間後の幼虫死亡率は53%です。BT剤含有餌は12.5%です。まだまだ不十分ですね。
 初齢幼虫は90〜100%, 3齢幼虫(体長10mm以下)では47%が集まります。この時期に
確実に防除することが重要になります。スムシ被害を100%抑制するためにはもう一工夫必要かな
と考えていますが???です。  

アカリンダニ対策には2通りの考え方で対応しています。
横浜市内の養蜂場の群は何もアカリンダニ対策をしていません。
伊勢原市内の群にはメントールを投与しています。

”何も対策をしていない”という意味はアカリンダニ耐性を持つ群にしたいためです。
3年前からは越冬できている群だけが残っています。一昨年、昨年は10月末にいた群は
全て越冬ができています。今年の群はどうなのかは免停状態が継続しているので
確認できていません。4年前には越冬できた群は半分以下でしたが、淘汰が進み、
過半数以上の群が越冬できるようになってもらいたいと思います。耐性が出来るには
100年以上かかるかも知れません。





,

)


)

【PR】

日本みつばち観察記録(2019年12月21日)

2019.12.22.Sun.20:52
ミツバチサミット
スムシ防除法の提案しました

九州で単身で自由に羽を伸ばしていい気になって生活していたら
神様にブレーキを踏まれて2ヶ月ほど入院しましたがお蔭様にて
後遺症もなく回復しつつあります。
医者からは自分たちの技術が良いのではなく、あくまでも運が良かった
とのことで”良いくじを引いた”と総括してくれました。神様も落馬させる
ことなく元の生活に戻してくれましたので以後は気をつけて年相応に生活
していきます。
みつばちに関してはミツバチサミット(つくば市、12/13〜12/15)にて
ポスター発表をしました。


20191213_155746.jpg

150名の方にモニターの応募をいただきご評価をお願いいたしました。
開発当初は日本みつばちの重箱を対象に考えていましたが、セイヨウミツバチ
(ラ式巣箱)へ利用できないかとの問い合わせがかなりありました。
貯蔵前に冷凍処理をすればスムシは死んでしまいますが、なかなか完全には
防除できないようです。
セイヨウミツバチ葉とに一工夫する必要がありそうです。

尚、スムシ防除カード(スムシっ子カード)モニター希望の方は
下記メールまで連絡ください。
少し数に余裕がありますので在庫分は送付します。

連絡先:nihonmitsubachiyokohama@gmail.com



【PR】

報告

2019.08.24.Sat.22:30

ご無沙汰しています。
前回(5/2)から4ヶ月近くなります。
現在闘病中です。
病気の山はお蔭様にて超えたのですが、前向きに
ある治療をすることにしました。
9月中旬以降に学校に戻る予定です。
次回はその頃に報告をいたします。
勝手ばかり言って申し訳ありません。
【PR】
 | HOME | Next »