FC2ブログ

日本みつばち観察記録(2014年5月31日)

2014.05.31.Sat.22:45
養蜂家への道にまた一歩踏み入れてしまった

1.5月吉日、セイヨウミツバチを3群購入しました。
  神奈川県養蜂組合に入りました(組合員の方の了承を得る)。
  養蜂家への道にまた一歩入り込んでしまった。
  リタイアするまではこれ以上踏み込むことはできません。
  日本みつばちは野生種だから出来るだけ手を加えない方が良いが
  セイヨウミツバチは家畜だから人間の手が必要です。
  3群(下の写真)とも問題無さそうです。

セイヨウミツバチ

2.2014年8月2日(土)~3日(日) はちみつフェスタが開催されます。
  場所は銀座の紙パルプ会館です。
  紙パルプ会館の屋上にはセイヨウミツバチ及び日本みつばちが
  飼育されています。
  有名な”銀座のみつばち”(銀ぱち)です。
  我々は小さなブースですが出展し、上の写真のセイヨウミツバチの蜂蜜を
  販売する方向で検討を始めました。
  本当に養蜂家に近づいてますね。
  前に紹介したミャンマーのオオミツバチ、コミツバチの蜂蜜を持っていきます。
  ほんの少ししかありませんので希望者には味見をしていただきます。

3.ミャンマーの養蜂支援は9月中旬に訪問し、少数(10群程度)からスタートする
  計画を練っています。
  9月にはオオミツバチが帰ってきています。
  どんな光景が見られるか楽しみにしています。

4.5月31日現在 2勝6敗です。
  春の日本みつばちの分蜂はもう終盤に入っています。
  3月下旬に3ヶ所に8箱の待ち箱を設置し、誘引ルアーを使用しました。
  4月下旬以降キンリョウヘンが開花し始めたのでキンリョウヘンも並行使用した。
  結果は2箱に分蜂群が入りました。 ⇒ 2勝
  角胴式(ルアー単独使用時)に4月下旬に入る(5/2発見)。
  重箱式(キンリョウヘン並行使用時)に5月下旬に入る(5/31発見)
  同じ場所に設置した巣枠式(ラ式)巣箱、縦型巣箱(藤原式)、横型巣箱には
  まだ入っていない(昨年も同様の結果)
  今年も基本的には待ち箱を置きっぱなしにしていて月に1回~2回チェック
  しているだけなので2群で良しとするしかありません。
  
  
【PR】
 | HOME |