FC2ブログ

日本みつばち観察記録(2014年6月28日)

2014.06.28.Sat.13:38
映画 ”みつばちの大地”

みつばちの大地

 先週、岩波ホールに行き”みつばちの大地”を見ました。
監督・脚本はマークス・イムホーフ。
スイス、ドイツ他ヨーロッパ各国の映画賞、最優秀ドキュメンタリー賞を受賞した作品です。
みつばちと人々の(養蜂家の)暮らしを巧みな撮影技術を通してみつばちの生態を
織り交ぜながら紹介しています。
アメリカ、ドイツ、中国、オーストラリアなど世界各地をめぐり、現代養蜂の現実を
我々に問いかけています。
現代養蜂は人間中心の経済性(大量生産)、合理性を追及するあまり自然環境や
みつばちに対する愛情があまりにも欠如していると改めて感じました。
人間とみつばちとの持続可能な関係をいかに構築していくか? 難しい問題です。
岩波ホールでの上映は7月11日(金)までです。

養蜂家にとって6月は多忙なはずですが、私の日本みつばち達はほったらかしに
されたままでした。
今年の分蜂はどんな状態で、何回したのかまったく把握していません。
今年の捕獲状況
 待ち箱設置   
   養蜂場(横浜市内)  5箱(重箱式、巣枠式横型、角胴式、横型、藤原式縦型各1)
   その他2ヶ所(計4箱)
   捕獲(2群)    5月上旬  角胴式+誘引ルアー
              5月下旬  重箱式+キンリョウヘン
     両群とも昨年捕獲した場所に設置されていた(昨年はキンリョウヘン)。
     花粉の運び入れ及び蜂数増加しているので当面静観(掃除以外何もしない)。
 越冬群(重箱式2群)
   多分何回かは分蜂しているはず。
   現在蜂数増加及び巣内部は新しい巣の拡大により底板に届きそうなので
   増枠が必要。
   増枠しようと試みたが重くて(蜂蜜の貯蔵量多い)、持ち上げられなかった。
   6/29増枠・採蜜予定
   採蜜出来れば8月2~3日開催のハチミツフェスタで販売します。
 越冬群の巣箱(重箱)です
   
越冬群(2014.6)

【PR】
 | HOME |