FC2ブログ

日本みつばち観察記録(2016年4月21日)

2016.04.20.Wed.18:51
2016年分蜂捕獲(2)

 桜(ソメイヨシノ)の花もあっという間に散り、家の前の公園のサトザクラ(八重)も
一昨日の強風でだいぶ散ってしまいました。
4月中旬を過ぎ分蜂の前半戦は終了し後半戦に入ろうとしています。
これまでのところ皆様の成果は如何ですか?
3月下旬~4月上旬の第1分蜂群は旧女王の分蜂群です。
旧女王は余命1~2年なので今年中に死亡して群が消滅してしまう可能性も高いです。
そういう意味では第2分蜂以降の新女王群を捕獲した方が来年まで群を維持できる
確率は高いはずです。
分蜂の後半戦は第2分蜂以降の群(新女王群)だと思いますのでまだ捕獲出来て
いない方も十分挽回が可能です。

 さて私の待ち箱の成果はどうなのか?
誘引剤とキンリョウヘン(2月に温度管理した鉢、4月上旬から開花)をどちらか設置
していますが4月上旬(4/2)時点では2~3箱に探索蜂が1~2匹確認できた程度でした。
4/20早朝、現状確認ため横浜市内(旭区)と厚木市内の設置場所に行きました。

最初に旭区の養蜂場の雑木林に置いた待ち箱を見て回りました。
下の写真の4つの待ち箱に蜂の姿が確認できました。
重箱式の2箱と角胴式1箱は蜂の数は10匹以上巣門に出入りしています。
花粉を運び入れている蜂はいませんし蜜を採りに飛び立つ蜂もいないようです。
3箱とも巣門付近で出入りしている蜂をチェックしている門番らしき蜂がいます。
探索蜂が沢山集まっている感じではなく、もうすでに巣箱の中に一群が入っている
感じがします。
いづれにしろ次回(4/23の予定)にははっきりすると思います。
   ⇒4/23早朝確認に行きました。
    4/20は分蜂前日の祭だったようです。
    蜂が沢山飛び回っていた3つの巣箱全てに蜂が入っていたらと
    甘い期待を持っていましたが現実はそう甘くはありません。
    蜂の数が一番多かった下の写真の1番目の重箱に落ち着いたようです。
    すでに花粉を運び入れていますので1群捕獲できたと考えて良いでしょう。
    下の写真の2番目、3番目、4番目の巣箱はひっそりとして蜂の姿はありません。
    

NO1IMG_1287.jpg

IMG_1292NO3.jpg

IMG_1293NO4.jpg

横型巣箱にも探索蜂が2~3匹出入りしています。
蜂の動きが前述の3箱の蜂とは明らかに異なっています。
こちらは探索蜂の動きです。

IMG_1280NO.5(横型)

これら4つの巣箱以外に重箱式1つと巣枠式巣箱1つがあります。
探索蜂も来ているようですがほとんど可能性はなさそうです。

下の2つの巣箱は厚木市内に設置した待ち箱(巣箱)です。
同じ場所に重箱式を2つ設置していますがそちらには蜂の姿がありません。
幸いなことにこの角胴式の2つの巣箱には蜂が入っています。
すでに両箱の群には花粉を運び入れている蜂が沢山います。
2群捕獲出来たと考えて良いようです。
思わず(*^_^*)ですね。 現時点(4/23)で3群捕獲出来たことになります。
今までの少ない経験から感じることは、(条件は同じではないが)重箱式より
角胴式の方を好むように思われます。
数メートル以内の同じ場所に両方を置いておくと角胴式の方を最初に選択
する比率が高いようです。

分蜂の後半戦も頑張りましょう。
そろそろ誘引剤の効力(1ヶ月半)も落ちる頃になりますが
温度管理をしていないキンリョウヘンの蕾は膨らんで開花は時間の問題です。


IMG_1295no13.jpg

NO12IMG_1298.jpg


先週の風景

風景ではありませんが私の好きな山野草の1つであるヤマシャクヤクが開花しました。
鉢植えですが毎年この季節になると気品のある姿を見せてくれます。
残念なのは花の開花期間が3~4日と短いことです。

IMG_1285ヤマシャクヤク

【PR】
 | HOME |