FC2ブログ

日本みつばち観察記録(2017年9月5日)

2017.09.04.Mon.21:44

9月に入ったら急に寒くなりました。
あと10日もすれば巣箱にオオスズメバチが偵察に来るでしょう。


1)養蜂場の巣箱の状況確認を8月中旬からしています。
  現在8群います。
  今年は9群捕獲出来た事になります

  1.長崎県佐世保市内及び南島原市内の巣箱(重箱式)
    いずれも2017年春捕獲群
    両群とも蜂の姿無し→佐世保群はスムシ被害少なく採蜜した
            南島原群はスムシ被害大 きく採蜜できず
  2.横浜市内の養蜂場
    現在5群  横型巣枠式  2群
        重箱式    2群 2017年春捕獲群、1群は蜂数増えず対策必要 
        角胴式    1群 2017年春捕獲群  スムシ発生も除去?
  3.伊勢原市内の養蜂場
        重箱式    3群 2016年春捕獲群 1群
                  2017年春捕獲  2群
  4.厚木市内の栗園の群(2017年春捕獲群)と伊勢原市内のみかん園(2017年春捕獲群)は
     いずれも蜂は逃去

2)10月からの日本みつばち養蜂講座のご案内
  1.よみうりカルチャー(1回/月、全6回)
     川崎教室 (第4日曜 10:00〜11:30)
     恵比寿教室(第4土曜 10:30〜12:00)
     横浜教室 (第4土曜 14:30〜16:00)
  2.朝日カルチャー(1回/月、全2回)
     湘南(藤沢)教室 (第4日曜 13:30〜15:00)

  詳細は各教室にお問い合わせください。

3.待ち箱にスズメバチが営巣
     
  IMG_2271.jpg
                 
  厚木市内の栗園に置いた待ち箱にモンスズメバチが営巣していました。
  待ち箱の前面に探索蜂が好むように1cmの小穴が開けてあります。
  栗園のオーナーから9月になると栗拾いが始まるので巣を撤去するように
  連絡がありました。
  恐る恐る殺虫スプレーを手にし巣に近づきました。
  巣門の前に5〜6匹群ていてこちらを向いています。
  急いでスプレーを噴射し外にいる蜂をやっつけてから小穴にスプレーの先を
  くっつけて巣内部に噴射しました。

  内径25cmの巣箱一杯に3段になった巣がありました。
  巣内部で死んだ蜂(成虫)は150〜160匹、幼虫は200匹以上いました。
  違う場所に営巣をしてくれていたら殺生をしなくてもよかったものを
  なんとなく悲しい気持ちになります。
      
【PR】
 | HOME |