FC2ブログ

日本みつばち観察記録(2016年8月20日)

2016.08.19.Fri.20:55

巣落ち処理 ・ オオスズメバチ対策

 最近気温、湿度とも高い日が続いています。
連続して2つの巣箱に巣落ちが起きました。
この巣箱は巣落ち後3~4日経ってから発見したため、蜂は逃去しており
蜜はほとんど残っていませんでした。

巣落ちIMG_1659

逃去した群はそばのシイの木の洞に営巣しました。
洞の入り口の穴が径2cm位あるのでオオスズメバチに侵入されないように
7mmの金網で覆いました。

IMG_1666オオスズメバチ対策

もう一つの巣箱は8月17日午後2時頃巣落ちを発見しました。
朝から蒸し暑い日でしたが、巣門からの蜜が流れ出ていましたがまだ巣門付近で
止まっていたので巣落ちからそんなに時間が経っていないようです(午前中に巣落ち?)。
巣落ちした巣をすべて取り除き(全体の1/3程度か?)、底板部分に流れ落ちた蜜を
きれいにふき取り、新聞紙を底板上に敷き詰めて(翌日回収した)巣門からこれ以上
蜜が流れ出ないようにした。
巣落ちした巣脾は柔らかく、暖かく、湿っている。
 逃去しないでそのまま営巣してくれると思います。
 巣落ちした部分を取り除いた後の巣の中に残った巣脾

内部IMG_1670巣落ち


”趣味の日本みつばち養蜂入門”

10月からよみうりカルチャー川崎センターにおいて上記講座を担当することに
なりました。
8月18日から募集を開始したそうです。
詳細はよみうりカルチャー川崎のHPにて確認してください。
よみうりカルチャー川崎:044-221-5590
毎月1回(2016年10月~2017年3月)、合計6回の講座です。
開催日・時間 :第4日曜日 10:00~11:30
場所:アトレ川崎5F(川崎市川崎区駅前本町26-1)
会費:16,200円
よみうりカルチャー横浜や町田でも講座を開設したかったのですが
座学に使用する教室の確保が難しく今回は川崎のみになります。
講座は初めての経験ですが出来るだけ多くの方に日本みつばち養蜂の
楽しさを紹介したく努力します。
宜しくお願いいたします。

関連記事

【PR】
コメント

管理者のみに表示