FC2ブログ

日本みつばち観察記録(2017年6月18日)

2017.06.18.Sun.18:32
今日は(18日・日曜日)の午後から雨が降り出しました。
空梅雨もようからやっと暦通りに梅雨に入ったようです。

鎌倉にお住いのよみうり受講生Yさんからの報告
鎌倉市内のお寺のお墓にいた営巣群を捕獲しYさん宅にて飼育中。
幸いなことに毎日活発に蜂が出入りしているとの報告を受けました。
捕獲後もう2週間以上経過していますのでハチマイッターを外すことに
しました。
このまま順調に蜂群が隆盛になることを期待しています。

伊勢原の梅園のご主人から一昨日(6/15)夕方電話がありました。
昨年の分蜂捕獲群が分蜂し巣箱のすぐそばの栗の木に大きな蜂球を
作っているとのことでした。
残念ながら6/15、6/16と名古屋泊まりの為駆けつけることも出来ず、
雨岳自然の会のSさんに捕獲を頼みましたが時間が取れないというので
自然の成り行きに任せることにしました。
本日慌てて伊勢原に見に行きました。
重箱3段の巣は底板付近まで巣脾が伸びあまり空間がありません。
オス蜂の孔の開いた巣蓋も底板に落ちています。
この時期に分蜂したようです。
何事もなかったように花粉を運び入れています。
心配していた巣落ち → 蜂群の逃亡 ということではなかったので良かったです。
梅園にはまだ待ち箱が3箱置いたままになっていましたが入っていません。
どこへ飛んで行ったんでしょうね

横浜市内の養蜂場にいる3群の中の1郡がなんとなく気になります。
本日見て回った5群(伊勢原2群、横浜3群)の中でこの群だけが
花粉の運び入れが観察出来ませんでした。
実際の観察時間は10分程度なので何とも言えませんが気になります。
重箱の下段前面部を外し、内検、掃除をしましたがやはり気になります。

日本みつばちの飛翔能力を測定する装置(フライトミル)を試作しています。
蜂が安定して飛んでくれる条件を見つけるのが難しそうです。
蜂をつるす角度は45度が良いようですが・・・

フライトミル3IMG-1



関連記事

【PR】
コメント

管理者のみに表示