FC2ブログ

日本ミツバチの寿命は何年ぐらい?(日本ミツバチ養蜂のQ&A)

2013.02.20.Wed.19:09
皆様こんにちは(^^)

今日も、日本ミツバチの養蜂に関する質問に、横浜のみつばちおじさんがお答えします。

-------------------------------------

<ご質問>
日本ミツバチの寿命は何年ぐらい生きるのでしょうか。

また、飼っているうちに、巣から飛び立っていなくなってしまうという可能性もありますか?

<ご回答>
日本みつばちの女王蜂の寿命は2~3年、働き蜂は1ヶ月(越冬群は4~5ヶ月)です。

私は巣箱の1群を一つの生物体と考えることにしています。個々の働き蜂は一つの細胞と考えます。

分蜂により毎年その群の女王蜂は更新され、細胞である働き蜂も更新されて、何もなければその1群は5年、10年と存続することが出来ます。

せっかく飼育しているのですから出来るだけ長く存続させたいものです。

どのくらい長くその群を存続させることが出来るか?それが寿命だと考えます。

女王蜂の死亡により群が消滅してしまう場合以外に、何かの原因で環境が蜂にとって耐えられなくなれば逃亡してしまいます。

逃亡原因としては蜜源不足、オオスズメバチの攻撃、スムシ(ハチノスツヅリガ、ハニーワーム)の発生、直射日光、水没及び過剰な管理等があります。

-------------------------------------

みつばちおじさんは、日本みつばち養蜂歴3年の養蜂家です。

神奈川県横浜市在住。(社)日本在来種みつばち協会認定の養蜂指導インストラクター。

養蜂のご相談や指導の申し込み、ご質問はこちらからお問い合わせください。

⇒日本みつばち養蜂のお問い合わせ


関連記事

【PR】
コメント

管理者のみに表示